スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 学生ナンダの質問1078のご法話

1077 ナンダさんがたずねた、「世間には諸々の聖者がいる、と世人は語る。それはどうしてですか?世人は知識をもっている人を聖者と呼ぶのですか?あるいは〔簡素な〕生活を送る人を聖者と呼ぶのですか?」

 

 

1078 (ブッダが答えた)、「ナンダよ。世のなかで、真理に達した人たちは、(哲学的)見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者だとは言わない。(煩悩の魔)軍を撃破して、苦悩なく、望むことなく行う人々、ーかれらこそ聖者である、とわたしは言う。」

 

 

ブッダが答えた)、「ナンダよ。世のなかで、真理に達した人たちは、哲学的見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者だとは言わない。自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制し、煩悩の魔軍を撃破して、中道を歩み、苦悩なく、望むことなく、すなわち両極端を制して、心と現象の観察を行う人々、その気づきによる智慧からもたらされる真理ーかれらこそ聖者である、とわたしは言う。」

 

スッタニパータ 学生ウパシーヴァの質問1076のご法話

1075 「滅びてしまったその人は存在しないのでしょうか?或いはまた常住であって、そこなわれないのでしょうか?聖者さま。どうかそれをわたくしに説明してください。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるからです。」

 

 

1076 師は答えた、「ウパシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測(はか)る基準が存在しない。かれを、ああだ、こうだと論ずるよすがが、かれには存在しない。あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまったのである。」

 

 

師は答えた、「ウパシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測(はか)る基準が存在しない。かれを、ああだ、こうだと論ずるよすがが、かれには存在しない。この無常の領域において、あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまったのである。」

スッタニパータ 学生ウパシーヴァの質問1074のご法話

1073 「あまねく見る方(かた)よ。もしもかれがそこから退きあともどりしないで多年そこにとどまるならば、かれはそこで解脱して、清涼(しょうりょう)となるのでしょうか?またそのような人の識別作用は(あとまで)存在するのでしょうか?」

 

 

1074 師が答えた、「ウパシーヴァよ。たとえば強風に吹き飛ばされた火炎は滅びてしまって(火としては)数えられないように、そのように聖者は名称と身体から解脱して滅びてしまって、(存在する者としては)数えられないのである。」

 

 

師が答えた、「ウパシーヴァよ。たとえば強風に吹き飛ばされた火炎は滅びてしまって(火としては)数えられないように、そのように聖者は名称と身体から解脱して滅びてしまって、輪廻のカルマとして存在する者としては数えられないのである。」

スッタニパータ 学生ウパシーヴァの質問1072のご法話

1071 ウパシーヴァさんがいった、「あらゆる欲望に対する貪(むさぼり)りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の〈想いからの解脱〉において解脱した人、ーかれは退きあともどりすることなく、そこに安住するでありましょうか?」

 

 

1072 師は答えた、「ウパシーヴァよ。あらゆる欲望に対する貪りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の〈想いからの解脱〉において解脱した人、ーかれは退きあともどりすることなく、そこに安住するであろう。」

 

 

師は答えた、「ウパシーヴァよ。自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制して反応の仕方を極め明らめ、あらゆる欲望に対する貪りを離れ、両極端を追い求めることなく、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の掴もうとする想いからの解脱において解脱した人、ーかれは退きあともどりすることなく、中道に安住するであろう。」

スッタニパータ 学生ウパシーヴァの質問1070のご法話

1069 ウパシーヴァさんがたずねた。「シャカ族の方よ。わたくしは。独りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の激流を渡ることはできません。わたくしがたよってこの激流をわたり得る〈よりどころ〉をお説きください。あまねく見る方よ。」

 

 

1070 師(ブッダ)は言われた、「ウパシーヴァよ。よく気をつけて、無所有をめざしつつ、『何も存在しない』と思うことによって、煩悩(ぼんのう)の激流を渡れ。諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑を離れ、妄執の消滅を昼夜に観ぜよ。」

 

 

師(ブッダ)は言われた、「ウパシーヴァよ。自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制することに、よく気をつけて、両極端を手放し、無所有をめざしつつ、『無常』を感じる事によって、煩悩(ぼんのう)の激流を渡れ。両極端がもたらす諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑を離れ、妄執の消滅を昼夜に観ぜよ。」

スッタニパータ 学生ドータカの質問1068のご法話

1067 「偉大な仙人さま。わたくしはその最上の安らぎを受けて歓喜します。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著を乗り超えましょう。」

 

 

1068 師は答えた、「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいてそなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、ーそれは世の中における執著の対象であると知って、移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。

 

 

師は答えた、「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいてそなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、ーそれは世の中における人間的思考の運動(快⇔不快)がもたらす執著の対象であると知って、移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。

スッタニパータ 学生ドータカの質問1066のご法話

1065 バラモンさま。慈悲(じひ)を垂(た)れて、(この世の苦悩から)遠ざかり離れる理法を教えてください。わたくしはそれを認識したいのです。わたくしは、虚空(こくう)のように、乱され濁ることなしに、この世において静まり、依りすがることなく行いましょう。」

 

1066 師は言われた、「ドータカよ。伝承によるのではない、まのあたり体得されるこの安らぎを、そなたに説き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著(しゅうじゃく)を乗り超えよ。」

 

 

師は言われた、「ドータカよ。伝承によるのではない、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制して、現象と心を観察し、その気づきによって、まのあたり体得されるこの安らぎを、そなたに説き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて人間的思考の運動(快⇔不快)を制して観察を行い、世の中の執著(しゅうじゃく)を乗り超えよ。」

スッタニパータ 学生ドータカの質問1064のご法話

1063 「わたくしは、神々と人間との世界において何ものも所有せずにふるまうバラモンを見ます。あまねく見る方(かた)よ。わたくしはあなたを礼拝いたします。シャカ族の方(かた)よ。わたくしを諸々の疑惑から解き放ちたまえ。」

 

 

1064 「ドータカよ。わたくしは世間におけるいかなる疑惑者をも解脱(げだつ)させ得ないだろう。ただそなたが最上の真理を知るならば、それによって、そなたはこの煩悩(ぼんのう)の激流を渡るであろう。」

 

 

ドータカよ。わたくしは世間における自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を止める事ができない、いかなる疑惑者をも解脱(げだつ)させ得ないだろう。ただそなたが自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制し、自らの心と目の前の現象を観察することによって最上の真理を知るならば、それによって、そなたはこの煩悩(ぼんのう)の激流を渡るであろう。

スッタニパータ 学生ドータカの質問1062のご法話

1061 ドータカさんがたずねた、「先生!わたくしはあなたにおたずねします。このことをわたくしに説いてください。偉大な仙人さま。わたくしはあなたのおことばを頂きたいのです。あなたのお声を聞いて、自分の安らぎ(ニルヴァーナ)を学びましょう。」

 

 

1062 師(ブッダ)が答えた、「ドータカよ。では、この世において賢明であり、よく気をつけて、熱心につとめよ。この(わたくしの口)から出る声を聞いて、自己の安らぎを学べ。」

 

 

師(ブッダ)が答えた、「ドータカよ。では、この世において賢明であり、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)によく気をつけて、運動を止めることに熱心につとめよ。運動を制した心で、このわたくしの口から出る声を聞いて、よく自らの心を観察し自己の安らぎを学べ。」

スッタニパータ 学生メッタグーの質問1060のご法話

1060 またかの人はこの世では悟った人であり、ヴェーダの達人であり、種々の生存に対するこの執著を捨てて、妄執を離れ、苦悩なく、望むことがない。『かれは生と老衰とを乗り超えた』とわたくしは説く。」

 

 

またかの人は自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制して、真理を見、この世では悟った人であり、修行の達人であり、心と現象の観察によって種々の生存に対するこの執著を捨てて、妄執を離れ、苦悩なく、望むことがない。真理を知った『かれは生と老衰とを乗り超えた』とわたくしは説く。」