スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

06月

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句781の解説

781 欲にひかれ、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろう。

 

 

自らの人間的思考の運動(快⇔不快)が止められず、欲にひかれ、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、人間的思考の運動(快⇔不快)が動いたまま、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろうが、思考の運動によって全体を見ていないので、真理を見る事はできないのである。

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句780の解説

780 実に悪意をもって(他人を)誹(そし)る人々もいる。また他人から聞いた事を真実だと思って(他人を)誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者はそれに近づかない。だから聖者は何ごとについても心の荒(すさ)むことがない。

 

 

 

実に悪意をもって他人を誹(そし)る人々もいる。また他人から聞いた事を真実だと思って他人を誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者はそれに近づかない。聖者は、自らの人間的思考の運動である(快⇔不快)を制して両極端に赴かない。そして、他者からの影響を受けることもなく、あるがままに観るが故に心が動揺することもない。故に聖者は何ごとについても心の荒(すさ)むことがない。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句779の解説

779 想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、所有したいという執着に汚されることなく、(煩悩の)矢を抜き去って、つとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。

 

 

自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制してよく心を観察し、想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、両極端を制して、所有したいという執着に汚されることなく、中道を歩み、煩悩の矢を抜き去って、気をつける事につとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。そうして彼の岸へと到達するのである。

 

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句778の解説

778 賢者は、両極端に対する欲望を制し、(感官と対象との)接触を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるように悪い行いをしないで、見聞することがらに汚されない。

 

 

賢者は、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)である両極端に対する欲望を制し、観察によって感官と対象との接触を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるように悪い行いをしないで、見聞することがらに汚されない。かれはあるがままに見るからである。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句777の解説

777 (何ものかを)わがものであると執着して動揺している人々を見よ。(かれらのありさまは)ひからびた流れの水の少ないところにいる魚のようなものである。これを見て、「わがもの」という思いを離れて行うべきである。ー諸々の生存に対して執着することなしに。

 

 

自らの人間的思考の運動(快⇔不快)が止められず、何ものかをわがものであると執着して動揺している人々を見よ。かれらのありさまはひからびた流れの水の少ないところにいる魚のようなものである。それらの魚のように、無常の世では執着の対象として掴もうとするものは、時間と共に変化し失われる。これを見て、「わがもの」という思いを離れて行うべきである。ー諸々の生存に対して執着することなしに。それらもまた、時間と共に失われるからである。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句776の解説

776 この世の人々が、諸々の生存に対する妄執にとらわれ、ふるえているのを、わたしは見る。下劣な人々は、種々の生存に対する妄執を離れないで、死に直面して泣く。

 

 

この世の人々が、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を止められず、諸々の生存に対する妄執にとらわれ、ふるえているのを、わたしは見る。下劣な人々は、種々の生存に対する妄執を離れないで、それらを掴んでは手放す事ができず、死に直面して泣く。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句775の解説

775 だから人はここにおいて学ぶべきである。世間で「不正」であると知られているどんなことであろうとも、そのために不正を行ってはならない。「ひとの命は短いものだ」と賢者たちは説いているのだ。

 

 

だから人はここにおいて学ぶべきである。世間で「不正」であると知られているどんなことであろうとも、人間的思考の運動(快⇔不快)による欲求のために不正を行ってはならない。「ひとの命は短いものだ」と賢者たちは説いているのだ。自らの人間的思考の運動(快⇔不快)に常に気をつけて怠ることなく自らの心を観察し世の中を遍歴せよ。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句774の解説

774 かれらは欲望を貪り、熱中し、溺(おぼ)れて、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正になずんでいるが、(死時には)苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。

 

 

かれらは人間的思考の運動(快⇔不快)がもたらす欲望を貪り、熱中し、溺(おぼ)れて、それらを掴んでは、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正になずんでいるが、死時には、必ずそれらを手放さなければならず苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句773の解説

773 欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。他人が解脱させてくれるのではないからである。かれらは未来をも過去をも顧慮(こりょ)しながら、これらの(目の前の)欲望または過去の欲望を貪(むさぼ)る。

 

 

人間的思考の運動(快⇔不快)が止められず、両極端の欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。他人が解脱させてくれるのではないからである。かれらは未来をも過去をも分別し、顧慮(こりょ)しながら、これらの目の前の欲望または過去の欲望を貪(むさぼ)る。それらを手放さない限り解脱することはない。

 

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句772の解説

772 窟(いわや)(身体)のうちにとどまり、執着し。多くの(煩悩)に覆(おお)われ、迷妄(めいもう)のうちに沈没している人、ーこのような人は、実に(遠ざかり離れること)(厭離)(おんり)から遠く隔(へだ)たっている。実に世の中にありながら欲望を捨て去ることは、容易ではないからである。

 

 

人は前世で抱いた執着によって再び、窟(いわや)(身体)のうちにとどまり、生まれてきては、何かを掴もうと多くの(煩悩)に覆(おお)われ、迷妄(めいもう)のうちに沈没している人、ーこのような人は、実に物質的な世界に執着し(遠ざかり離れること)(厭離)(おんり)から遠く隔(へだ)たっている。実につまむために生まれてきた世の中にありながら欲望を捨て去ることは、容易ではない何故なら、人は、そのために生まれてくるからである。決して掴むことのできない対象を求めて。