スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ解説

スッタニパータ  パスーラ833の解説

833 またかれらは対立を離脱して行い、一つの見解を[他の]諸々の偏見と抗争させない人々なのであるが、かれらに対して、あなたは何を得ようとするのか?パスーラよ。かれらの間で「最上のもの」として固執されたものは、ここには存在しないのである。

 

 

 

またかれらは対立を離脱して行い、一つの見解を他の諸々の偏見と抗争させないすなわち分別の対象として観ない人々なのであるが、かれらに対して、あなたは何を得ようとするのか?パスーラよ。かれらの間で人間的思考の運動による分別によって「最上のもの」として固執されたものは、ここには存在しないのである。

スッタニパータ  パスーラ832の解説

832 (特殊な)偏見を固執して論争し、「これのみが真理である」と言う人々がいるならば、汝はかれらに言え、ー「論争が起っても、汝と対論する者はここにいない」と。

 

 

自らの人間的思考の運動による分別にもとづいた特殊な偏見を固執して論争し、「これのみが真理である」と言う人々がいるならば、汝はかれらに言え、ー「論争が起っても、汝と対論する人間的思考の運動をしている者はここにいない」と。人間的思考の運動を制するものが聖者であって、人間的思考の好みにとらわれている人々は、自らの人間的思考の運動が起こす激流のうちにあるのである。

スッタニパータ  パスーラ831の解説

831 たとえば王に養われてきた勇士が、相手の勇士を求めて、喚声(かんせい)を挙げて進んでいくようなものである。勇士よ。かの(汝に、ふさわしい、真理に達した人の)いるところに到(いた)れ。相手として戦うべきものは、あらかじめ存在しないのである。

 

 

 

たとえば王に養われてきた勇士が、相手の勇士を求めて、喚声(かんせい)を挙げて進んでいくようなものである。人間的思考の運動(勝⇔負)がかれの思考を支配する。勇士よ。かの汝に、ふさわしい、真理に達した人のいるところに到(いた)れ。相手として戦うべきものは、あらかじめ存在しないのである。論破できれば聖者になるのではない、論破されたら聖者になれないのでもない。その人間的思考の運動(勝⇔負)を制止したところに聖者たる道があるのである。

スッタニパータ  パスーラ830の解説

830 心の高ぶりというものは、かれの害(そこな)われる場所である。しかるにかれは慢心・増上慢心(ぞうじょうまんしん)の言をなす。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の達成せる人々は、「それによって清浄が達成される」とは説かないからである。

 

 

心の高ぶりというものは、かれの害(そこな)われる場所=人間的思考の運動である。しかるにかれはその運動によって慢心・増上慢心(ぞうじょうまんしん)の言をなす。快の頂上を極めたものは運動をするので、全く逆の現象が目の前に現れる。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の達成せる人々は、「人間的思考の運動による快によって清浄が達成される」とは説かないからである。

スッタニパータ  パスーラ829の解説

829 あるいはまた集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。

 

 

あるいはまた集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益(快)を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。このように心が運動するのである。これは、まさに人間的思考の運動(快⇔不快)であり、快を得てもそれは運動をするので、必ず不快な現象も目の前に現れる。そうして、また快を追い求めその運動はやむことはない。修行者は、それを知って、人間的思考の運動こそが苦であると認識しそれを制して遂には安穏を観たのである。

スッタニパータ  パスーラ828の解説

828 これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。

 

 

これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。これは、人間的思考の得意⇔失意の運動である。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。一時的な称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。運動が起こると人は、称賛を得ようと貪り求める。そしてあるときは称賛され、またあるときは打ちのめされる。まさに心の中は激流である。修行者は、こころの安穏を保つものであって両極端を求めるものではない。彼の聖者はそれを知って人間的思考の運動による喜び(称賛)を制し論争に近づくことはない。

 

スッタニパータ  パスーラ827の解説

827 諸々の審判者がかれの緒論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といって悲泣(ひきゅう)する。

 

 

諸々の審判者がかれの緒論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といって悲泣(ひきゅう)する。論争に及ぶものには、このような激流がついてまわる。あるときは称賛されあるときは悲泣する。かれらに安らぎはなく、激流である。この理を知ったならば、修行者は、自らの人間的思考の運動を制し論争に赴いてはならない。称賛っされれば、運動をするので、非難されるのである。かの聖者はこの理を知って論争に赴かず遂には彼の岸へと到達したのである。

スッタニパータ  パスーラ826の解説

826 集会の中で論争に参加した者は、称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、(論敵の)あらさがしをしているのに、(他人から)論難されると、怒る。

 

 

集会の中で論争に参加した者は、激しく人間的思考の運動をする。それは、喜⇔怒の運動である。その運動によって称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、論敵のあらさがしをしているのに、(他人から)論難されると、怒る。このような運動をしているのものだと知れ。運動であるからあるときは称賛され、あるときは論難される。かれらに寂静はない。あるのは煩悩の荒波のみである。それを知って聖者は、論争に赴かず自らの人間的思考による運動を制して安穏を観たのである。

スッタニパータ  パスーラ825の解説

825 かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を〈愚者である〉と烙印(らくいん)し、他人(師など)をかさに着て、論争を交(かわ)す。ーみずから真理に達した者であると称しながら、自分が称賛されるようにと望んで。

 

 

人間的思考の運動による欲求から、かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を愚者であると烙印(らくいん)し、他人(師など)をかさに着て、論争を交(かわ)す。ーみずから真理に達した者であると称しながら、その人間的思考の運動による欲求により自分が称賛されるようにと望んで。自らの一方的な見方によってかれらは争い、時には称賛され、時には非難される。そうして激流をつくって行くのである。

 

スッタニパータ  パスーラ824の解説

824 かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執(こしゅう)している。

 

 

 

人間的思考の運動のままに修行を行う(我が身の行)とそこには、正⇔誤の運動が存在する。かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。これが正⇔誤の運動である。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執(こしゅう)している。このこだわりこそ人間的思考の運動なのである。それは運動をするので、あるときは正しく見えるがあるときは、誤りに見えてくる。そしてかれの脳裏には疑念が生まれるのである。このことわりを知ったならば、修行者は、自らの運動に注視し、その運動を止めよ。その運動が存在する限り、修行は進まぬのである。