スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ解説

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句786の解説

786 邪悪を掃(はら)い除いた人は、世の中のどこにいっても、さまざまな生存に対してあらかじめいだいた偏見が存在しない。邪悪を掃(はら)い除いた人は、いつわりと驕慢(きょうまん)と捨て去っているが、どうして(輪廻に)赴(おもむ)くであろうか?かれはもはやたより近づくものがないのである。

 

 

邪悪すなわち人間的思考の運動(好き⇔嫌い)による両極端の反応の仕方を掃(はら)い除いた人は、世の中のどこにいっても、さまざまな生存に対してあらかじめいだいた両極端による偏見が存在しない。邪悪を掃(はら)い除いた人は、両極端を強く欲することがないので、いつわりと驕慢(きょうまん)と捨て去っているが、どうして両極端の想いに引き寄せられて輪廻に赴(おもむ)くであろうか?かれはもはやたより近づくものがないのである。

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句785の解説

785 諸々の事物に関する固執(はこれこれのものであると)確かに知って、自己の見解に対する執着を超越することは、容易ではない。故に人はそれらの(偏執の)住居(すまい)のうちにあって、ものごとを斥(しりぞ)け、またこれを執(と)る。

 

 

諸々の事物に関する固執は、このような思考の運動によるものであると確かに知って、自己の人間的思考の運動がもたらす両極端に偏った見解に対する執着を超越することは、容易ではない。故に人はそれらの偏執の住居(すまい)すなわち人間的思考の運動の範疇にあって、両極端の分別により、ものごとを斥(しりぞ)け、またこれを執(と)る。

 

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句784の解説

784 汚れた見解をあらかじめ設(もう)け、つくりなし、偏重(へんちょう)して自分のうちのみ勝(すぐ)れた実りがあると見る人は、ゆらぐものにたよる平安に執着しているのである。

 

 

 

人間的思考の運動(勝⇔負)により両極端な見解をあらかじめ設(もう)け、つくりなし、偏重(へんちょう)して自分のうちのみ勝(すぐ)れた実りがあると見る人は、ゆらぐものすなわち運動して変化するものにたよる平安と信じているものに執着しているのである。

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句783の解説

783 修行僧が平安となり、心が安静に帰して、戒律に関して「わたくしはこのようにしている」といって誇ることがないならば、世の中のどこにいても煩悩のもえ盛ることがないのであるから、かれは〈高貴な人〉である、と心理に達した人々は語る。

 

 

修行僧が人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を制して平安となり、心が安静に帰して、戒律に関して「わたくしはこのようにしている」といって人間的思考の運動(誇る⇔落ち込む)をすることがないならば、世の中のどこにいても煩悩のもえ盛ることがないのであるから、かれは高貴な人である、と心理に達した人々は語る。

 

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句782の解説

782 人から尋ねられたのではないのに、他人に向かって、自分が戒律や道徳を守っていると言いふらす人は、自分で自分のことを言いふらすのであるから、かれは「下劣な人」である、と心理に達した人は語る。

 

 

人から尋ねられたのではないのに、他人に向かって、自分が戒律や道徳を守っていると言いふらす人は、人間的思考の運動(快⇔不快)により人からの褒め言葉(快)を得るために、自分で自分のことを言いふらすのであるから、かれは「人間的思考の運動を止められない人」である、と心理に達した人は語る。

 

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句781の解説

781 欲にひかれ、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろう。

 

 

 

人間的思考の運動(好き⇔嫌い)によって、欲にひかれ、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、人間的思考の運動(完全⇔不完全)による分別によって、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろうが、運動の範疇にあるので、解脱からは、ほど遠いのである。

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句780の解説

780 実に悪意をもって(他人を)誹(そし)る人々もいる。また他人から聞いた事を真実だと思って(他人を)誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者はそれに近づかない。だから聖者は何ごとについても心の荒(すさ)むことがない。

 

 

 

実に悪意をもって他人を誹(そし)る人々もいる。また他人から聞いた事を真実だと思って他人を誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者は分別の運動(好き⇔嫌い)に近づかない。だから聖者は何ごとについても分ける事なく、中道を保って心の荒(すさ)むことがない。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句779の解説

779 想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、所有したいという執着に汚されることなく、(煩悩の)矢を抜き去って、つとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。

 

 

人間的思考の運動(好き⇔嫌い)による反応の仕方である想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、分けて取るような所有したいという執着に汚されることなく、自らの癖である煩悩の矢を抜き去って、反応の制するため、つとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句778の解説

778 賢者は、両極端に対する欲望を制し、(感官と対象との)接触を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるように悪い行いをしないで、見聞することがらに汚されない。

 

 

賢者は、両極端に対する欲望を制し、感官と対象との接触すなわち人間的思考の運動(快⇔不快)による反応の仕方を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるように悪い行いをしないで、見聞することがらに動揺することなく汚されない。

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句777の解説

777 (何ものかを)わがものであると執着して動揺している人々を見よ。(かれらのありさまは)ひからびた流れの水の少ないところにいる魚のようなものである。これを見て、「わがもの」という思いを離れて行うべきである。ー諸々の生存に対して執着することなしに。

 

 

 

何ものかをわがものであると執着して動揺している人々を見よ。かれらのありさまはひからびた流れの水の少ないところにいる魚のようにこの変化ある世界(無常の世)で、移りゆき消えゆくものへ対して執着をし、動揺しているようなものである。これを見て、「わがもの」という思いを離れて行うべきである。ー諸々の変化ある生存の世界に対して執着することなしに。