スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ解説

スッタニパータ  マーガンディヤ847の解説

847 想いを離れた人には、結ぶ縛(いまし)めが存在しない。智慧によって解脱(げだつ)した人には、迷いが存在しない。想いと偏見とに固執した人々は、互いに衝突しながら、世の中をうろつく。」

 

 

 

人間的思考の運動による想いを離れた人には、結ぶ縛(いまし)めが存在しない。人間的思考の運動を止めて、智慧によって解脱(げだつ)した人には、運動をしないので、迷いが存在しない。人間的思考の運動による両極端の想いと偏った見方とに固執した人々は、互いに両極端の想いに固執して、衝突しながら、世の中をうろつく。」

 

スッタニパータ  マーガンディヤ846の解説

846 ヴェーダの達人は、見解についても、思想についても、慢心に至ることがない。かれの本性はそのようなものではないからである。かれは宗教的行為によっても導かれないし、また伝統的な学問によっても導かれない。かれは執着の巣窟に導きいれられることがない。

 

 

修行の達人は、見解についても、思想についても、人間的思考の運動(快⇔不快)による反応の仕方に至ることがない。かれの修行は両極端の思考ではないからである。かれは宗教的行為によっても分別しないし、また伝統的な学問によっても分別しない。かれは人間的思考の運動による執着の巣窟に導きいれられることがない。

 

スッタニパータ  マーガンディヤ845の解説

845 竜(修行完成者)は諸々の(偏見)を離れて世間を遍歴するのであるから、それらに固執して論争してはならない。たとえば汚れから生(は)える、茎に棘(とげ)のある蓮(はす)が、水にも泥にも汚されないように、そのように聖者は平安を説く者であって、貪(むさぼ)ることなく、欲望にも世間にも汚されることがない。

 

 

 

竜(修行完成者)は、諸々の人間的思考の運動による偏見を離れて世間を遍歴するのであるから、それら両極端に固執して論争してはならない。たとえば汚れから生(は)える、茎に棘(とげ)のある蓮(はす)が、水にも泥にも汚されないように、そのように聖者は、人間的思考の運動を止め、平安を説く者であって、両極端を貪(むさぼ)ることなく、自らの欲望にも周り(世間)にも汚されることがない。

スッタニパータ  マーガンディヤ844の解説

844 家を捨てて、住所を定めずにさまよい、村の中で親交を結ぶことのない聖者は、諸々の欲望を離れ、未来に望みをかけることなく、人々に対して異論を立てて談論をしてはならない。

 

 

 

家を捨てて、住所を定めずにさまよい、人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を制し村の中で親交を結ぶことのない聖者は、諸々の人間的思考の運動がもたらす欲望を離れ、未来に両極端の望みをかけることなく、人々に対して人間的思考の運動(正⇔誤)による異論を立てて談論をしてはならない。その人間的思考の運動を制する事こそが修行だからである。

スッタニパータ  マーガンディヤ843の解説

843 そのバラモンはどうして『(わが説は)真実である』と論ずるであろうか。またかれは『(汝の説は)虚偽(きょぎ)である』といって誰と論争するであろうか?『等しい』とか『等しくない』とかいうことのなくなった人は、誰に論争を挑(いど)むであろうか。

 

 

 

そのバラモンはどうして『わが説は真実である』と論ずるであろうか。またかれは『汝の説は虚偽(きょぎ)である』といって誰と論争するであろうか?かれは、人間的思考の運動によって両極端の運動をしているのである。人間的思考の運動を制して『等しい』とか『等しくない』とかいうことのなくなった人は、誰に論争を挑(いど)むであろうか。もはや、かれは、両極端を超越し、安穏の地に住しているのである。

スッタニパータ  マーガンディヤ842の解説

842 『等しい』とか『すぐれている』とか、あるいは『劣(おと)っている』とか考える人、ーかれはその思いによって論争するであろう。しかしそれらの三種に関して動揺しない人、ーかれには『等しい』とか、『すぐれている』とか、(あるいは『劣っている』とか)いう思いは存在しない。

 

 

 

『等しい』とか『すぐれている』とか、あるいは『劣(おと)っている』とか考える人、ーかれはその人間的思考の運動による想いによって論争するであろう。しかしそれらの三種に関して動揺しない人、ーかれは人間的思考の運動を制し、『等しい』とか、『すぐれている』とか、(あるいは『劣っている』とか)いう思いは存在しない。聖者は人間的思考の運動による想いを制し、智慧と繋がったのである。

 

スッタニパータ  マーガンディヤ841の解説

840 マーガンディアが言った、「もしも、『教義によっても、学問によっても、知識によっても、戒律や道徳によっても清らかになることができない』と説き、また『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができない』と説くのであれば、それはばかばかしい教えである、とわたくしは考えます。教義によって清らかになることができる、と或る人々は考えます。」

 

 

841 師は答えた、「マーガンディアよ。あなたは(自分の)教義にもとづいて尋(たず)ね求めるものだから、執着したことがらについて迷妄(めいもう)に陥(おちい)ったのです。あなたはこの(内心の平安)について微(かす)かな想いさえもいだいていない。だから、あなたは(わたくしの説を)『ばかばかしい』と見なすのです。

 

 

 

師は答えた、「マーガンディアよ。あなたは自分の人間的思考の運動(ある⇔ない)による分別にもとづいて尋(たず)ね求めるものだから、その思考で執着したことがらについて迷妄(めいもう)に陥(おちい)ったのです。あなたはこの人間的思考の運動(ある⇔ない)を制する内心の平安について微(かす)かな想いさえもいだいていない。だから、あなたは、わたくしの説を『ばかばかしい』と見なすのです。

スッタニパータ  マーガンディヤ839の解説

838 マーガンディアがいった、「聖者さま。あなたは考えて構成された偏見の定説を固執することなしに、〈内心の安らぎ〉ということをお説きになりますが、そのことわりを諸々の賢人はどのように説いておられるのでしょうか?」

 

 

839 師は答えた、「マーガンディアよ。『教義によって、学問によって、知識によって、戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、わたくしは説かない。『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができる』、とも説かない。それらを捨て去って、固執することなく、こだわることなく、平安であって、迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平安である)」

 

 

師は答えた、「マーガンディアよ。人間的思考の運動が立ち上がった状態で『教義によって、学問によって、知識によって、戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、わたくしは説かない。人間的思考の運動が立ち上がった状態で『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができる』、とも説かない。それらに関する人間的思考の運動(ある⇔ない)を捨て去って、学問や知識や戒律に固執することなく、人間的思考の運動による反応の仕方で分けて、こだわることなく、平安であって、運動がもたらす迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平安である)」

 

スッタニパータ  マーガンディヤ836の解説

836 (マーガンディヤいった)、「もしもあなたが、多くの王者が求めた女、このような宝、が欲しくないならば、あなたはどのような見解を、どのような戒律・道徳・生活法を、またどうような生存状態に生まれかわることを説くのですか?」

 

 

837 師は答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこのことを説く』、ということがわたくしにはない。諸々の事物に対する執着を執着であると確かに知って、諸々の偏見における(過誤(かご)を)見て、固執することなく、省察しつつ内心の安らぎをわたくしは見た。」

 

 

 

師は答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこのことを説く』、という人間的思考の運動(正⇔誤)がわたくしには存在しない。諸々の事物に対する人間的思考の運動による反応の仕方を離れ、人間的思考の運動による反応にもとづいた執着を執着であると確かに知って、諸々の人間的思考の運動による偏った見方における過誤(かご)を見て、両極端に固執することなく、省察しつつそれを制して、内心の安らぎをわたくしは見た。

スッタニパータ  マーガンディヤ835の解説

835 (師(ブッダ)は語った)、「われは(昔さとりを開こうとした時に)、愛執と嫌悪(けんお)と貪欲(とんよく)(という三人の魔女)を見ても、かれらと淫欲の交わりをしたいという欲望さえも起らなかった。糞尿に満ちたこの(女が)そもそも何ものなのだろう。わたくしはそれに足でさえも触(ふ)れたくないのだ。」

 

 

 

師(ブッダ)は語った、「われは昔さとりを開こうとした時に、愛執と嫌悪(けんお)と貪欲(とんよく)という三人の中に人間的思考の運動を観た。愛⇔嫌と言う人間的思考の運動であり、それが故に貪欲が立ち上がるのである。それをみてかれらと淫欲の交わりをしたいという欲望さえも起らなかった。人間的な思考(愛⇔嫌)を張り巡らし、糞尿に満ちたこの女がそもそも何ものなのだろう。わたくしはそれに足でさえも触(ふ)れたくないのだ。世の中の人々は、名称と形態とを見て分別をするが、聖者は、名称と形態にはとらわれず分別することはない。