スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

04月

スッタニパータ 武器を執ること954の解説

954 聖者は自分が等しい者どものうちにいるとも言わないし、劣った者のうちにいるとも、勝れた者のうちにいるとも言わない。かれは安らいに帰し、慳(ものおし)みを離れ、取ることもなく、捨てることもない。ーと師は説かれた。

 

 

 

かれは両極端に分けて比較することがないので、自分が等しい者どものうちにいるとも言わないし、劣った者のうちにいるとも、勝れた者のうちにいるとも言わない。かれは、寂静にして安らいに帰し、なにかを得たとしても慳(ものおし)みを離れ、何かを欲して取ることもなく、捨てることもない。ありのままに観るものであるーと師は説かれた。

スッタニパータ 武器を執ること953の解説

953 動揺して煩悩に悩まされることなく、叡智(えいち)ある人にとっては、いかなる作為も存在しない。かれはあくせくした営みから離れて、至るところに安穏を見る。

 

 

 

人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を制し、動揺して煩悩に悩まされることなく、自ら真理を視て叡智(えいち)ある人にとっては、いかなる作為も存在しない。かれはあくせくした両極端の営みから離れて、至るところに安穏を見る。

スッタニパータ 武器を執ること952の解説

952 苛酷なることなく、貪欲なることなく、動揺して煩悩に悩(なや)まされることなく、万物に対して平等である。ー動じない人について問う人があれば、その美点をわたくしは説くであろう。

 

 

 

人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を制して、苛酷なることなく慈しみをもって接し、何かを欲して貪欲なることなく、両極端に動揺して煩悩に悩(なや)まされることなく、万物に対して分けることなく平等である。ーこのように動じない人について問う人があれば、その美点をわたくしは説くであろう。

スッタニパータ 武器を執ること951の解説

951 「これはわがものである」また「これは他人のものである」 というような思いが何も存在しない人、ーかれは(このような)〈わがものという観念〉が存しないから、「われになし」といって悲しむことがない。

 

 

 

無常を知り、無我を知り尽くし「これはわがものである」また「これは他人のものである」 というような思いが何も存在しない人、ーかれは、このような、「わがもの」という観念が存しないから、「われになし」といって悲しむことがない。人は、人間的思考の運動により、わがものとみなしたものに執着をするが、聖者は、人間的思考の運動を止め、分けず、とらわれず、寂静に帰しているのである。

スッタニパータ 武器を執ること950の解説

950 名称と形態につて、〈わがものという想い〉の全く存在しない人、また(何ものかが)ないからといって悲しむことのない人、20ーかれは実に世の中にあっても老いることがない。

 

 

 

名称と形態につて、無常を知り。わがものという想いの全く存在しない人、また無常によって、何ものかがないからといって悲しむことのない人、ーかれは実に世の中にあっても真理を知り老いることがない。

スッタニパータ 武器を執ること949の解説

949 過去にあったもの(煩悩)を枯渇(こかつ)せしめよ。未来には汝に何ものも有らぬようにせよ。中間においても汝が何ものをも執しないならば、汝は「安らかな人」としてふるまうことであろう。

 

 

 

過去に分別したものである煩悩を枯渇(こかつ)せしめよ。未来には汝に何ものも分別せぬようにせよ。中間においても汝が何ものをも分別せず執しないならば、汝は中道を歩み「安らかな人」としてふるまうことであろう。

スッタニパータ 武器を執ること948の解説

948 世間における諸々の欲望を超え、また克服(こくふく)しがたい執着を超えた人は、流されず、束縛されず、悲しむことなく、思いこがれることもない。

 

 

 

世間における両極端を欲する諸々の欲望を超え、また人間的思考の運動を制し、克服(こくふく)しがたい執着を超えた人は、両極端を制し、無常を知り、流されず、束縛されず、悲しむことなく、思いこがれることもない。

スッタニパータ 武器を執ること947の解説

947 かれは智者であり、ヴェーダの達人である。かれは理法を知りおわって、依りかかることがない。かれは世間において正しくふるまい、世の中で何びとをも羨(うらや)むことがない。

 

 

 

かれは智者であり、修行の達人である。かれは自らが目の当たりにする理法を知りおわって、依りかかることがない。かれは世間において正しくふるまい、世の中で何びとをも羨(うらや)むことがない。

スッタニパータ 武器を執ること946の解説

946 バラモンである聖者は、真実から離れることなく、陸地(安らぎ)に立っている。かれは一切を捨て去って、「安らかになった人」と呼ばれる。

 

 

 

修行者完成者である聖者は、両極端を制し、生起と消滅を繰り返す無常の世の真実から離れることなく、陸地(安らぎ)に立っている。かれは一切の執着を捨て去って、「安らかになった人」と呼ばれる。

スッタニパータ 武器を執ること945の解説

945 わたくしは、(牽引する者のことを)遁欲、ものすごい激流と呼び、吸い込む欲求と呼び、はからい、捕捉(ほそく)と呼び、超(こ)えがたい欲望の汚泥(おでい)であるともいう。

 

 

 

わたくしは、苦しみへ牽引する者のことを遁欲、ものすごい激流と呼び、吸い込む欲求と呼び、はからい、捕捉(ほそく)と呼び、超(こ)えがたい欲望の汚泥(おでい)であるともいう。このようにひとたび牽引されたならば、胸の奥が鉄の塊のように熱く燃え盛り、その苦から逃れることは困難である。それを知って修行者は常に引き込まれないようによく気をつけ日々遍歴せよ。