スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

07月

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇899の解説

899 もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは〈戒律や制戒の〉つとめにそむいて、おそれおののく。(それのみならず、)かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めている。たとえば隊商からはぐれた(商人が隊商をもとめ)、家から旅立った(旅人が家をもとめる)ようなものである。

 

 

もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは戒律や制戒のつとめにそむいて、おそれおののき「不安」となる。それのみならず、かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めて「安心」している。たとえば隊商からはぐれた商人が「不安」なりに隊商をもとめみつけたら「安心」する、家から旅立った旅人が「不安」にかられ、家をもとめ見つけると「安心」するようなものである。すなわち人間的思考の運動(安心⇔不安)と言う激流のうちにある。

 

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇898の解説

898 戒律を最上のものと仰いでいる人々は、「制戒によって清浄が得られる」と説き、制戒を受けている。「われらはこの教えで学びましょう。そうすれば清浄が得られるでしょう」といって、〈真理に達した者〉と称する人々は、流転する迷いの生存に誘(ひ)き込まれている。

 

 

 

戒律を最上のものと仰いでいる人々は、「制戒によって清浄が得られる」と説き、制戒を受けている。「われらはこの教えで学びましょう。そうすれば清浄が得られるでしょう」といって、真理に達したと称する人々は、この人間的思考の運動(制戒を受けた⇔受けない)という両極端の流転する迷いの生存に誘(ひ)き込まれている。制戒を受けたから清浄になるのではない。制戒を受けないから清浄になれないのではない。その両極端の想いを制したもの、かれこそは清浄なるものなのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇897の解説

897 すべて凡俗の徒のいだく、これらの世俗的見解に、智者は近づくことがない。かれは、見たり聞いたりしたことがらについて「これだ」と認め知ることがないから、こだわりがない。かれはそもそもどんなこだわりに赴(おもむく)くのであろうか?

 

 

 

すべて凡俗の徒のいだく、これらの世俗的見解すなわち人間的思考の運動による両極端の反応の仕方に、智者は近づくことがない。かれは、見たり聞いたりしたことがらについて両極端に分ける事は無く「これだ」と認め知ることがないから、こだわりがない。かれはそもそもどんなこだわりに赴(おもむく)くのであろうか?両極端を制した聖者は中道を歩むのみである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇896の解説

896 (たとい称讃を得たとしても)それは僅かなものであって、平安を得ることはできない。論争の結果は(称讃と非難との)二つだけである、とわたくしは説く。この道理を見ても、汝らは、無論争の境地を安穏(あんのん)であると観じて、論争をしてはならない。

 

 

 

たとい称讃を得たとしてもそれは同様の反応の仕方をする僅かなものであって、人間的思考の運動による両極端の反応の仕方であるから平安を得ることはできない。論争の結果は、称讃⇔非難との運動、二つだけである、とわたくしは説く。この運動を見ても、汝らは、無論争の中道である境地を安穏(あんのん)であると観じて、両極端を制し、論争をしてはならない。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇895の解説

895 これらの偏見を固執して、「これのみが真理である」と宣説する人々、ーかれらはすべて他人からの非難を招く、また、それについて(一部の人々から)称讃を博するだけである。

 

 

 

これらの人間的思考の運動による偏見を固執して、「これのみが真理である」と宣説する人々、ーかれらはすべて他人からの非難を招く、また、それについて一部の同じような見方をする人々から称讃を博するだけである。実にこの世の中は、おおよそ半分の人々は、正反対の見方をする。従って一方的で断定的な見方をすると、必ず正反対の意見を受ける。それを知って修行者は、両極端の思考から離れ中道を歩んで、彼の岸を目指すのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇894の解説

894 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量(はか)りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の(哲学的)断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。

 

 

人間的思考の運動による両極端に分け、一方的に決定した立場に立ってみずから考え量(はか)りつつ、さらにかれは、反対者を排除しようと、世の中で論争をなすに至る。一切の哲学的断定すなわち人間的思考の運動(正⇔誤)を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。そうして中道を歩み寂静に帰するのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇893の解説

893 自分の道を堅くたもって論じているが、ここに他の何びとを愚者であると見ることができようぞ。他(の説)を、「愚かである」、「不浄の教えである」、と説くならば、かれはみずから確執(かくしつ)をもたらすであろう。

 

 

 

自分の道を堅くたもって論じているが、ここに他の何びとを愚者であると見ることができようぞ。他の説を、「愚かである」、「不浄の教えである」、と説くならば、かれはみずから人間的思考の運動(清浄⇔不浄)による確執をもたらすであろう。かれは、自らの人間的思考の運動を止めようとせずかたくなに論じているが、聖者はその運動を止めて激流を渡るものである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇892の解説

892 ここ〈わが説〉にのみ清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。このように一般の諸々の異説の徒はさまざまに執着し、かの自分の道を堅(かた)くたもって論ずる。

 

 

 

ここ〈わが説〉にのみ清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。このように一般の諸々の異説の徒はさまざまな自らの説に執着し、かの自分の道を堅(かた)くたもって論ずる。これは、人間的思考の運動(自説⇔他説)である。それを知って、かの聖者は、運動を制して彼の岸へと渡ったのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇891の解説

891 「この(わが説)以外の他の教えを宣説する人々は、清浄に背(そむ)き、〈不完全な人〉である」と、一般の諸々の異説の徒はこのようにさまざまに説く。かれらは自己の偏見に耽溺(たんでき)して汚(けが)れに染まっているからである。

 

 

 

「人間的思考の運動(わが説⇔他の説)によって、このわが説以外の他の教えを宣説する人々は、清浄に背(そむ)き、不完全な人である」と、一般の諸々の異説の徒はこのようにさまざまに説く。かれらは自己の人間的思考の運動による両極端に偏った見方に耽溺(たんでき)して汚(けが)れに染まっているからである。それを見て、修行者よ、両極端に汚されることなく中道を歩め。

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇890の解説

890 もしも、他人が自分を(「愚劣だ」と)呼ぶが故に、愚劣となるのであれば、その(呼ぶ人)自身は(相手と)ともに愚劣な者となる。また、もしも自分でヴェーダの達人・賢者と称し得るのであれば、諸々の〈道の人〉のうち愚者は一人も存在しないことになる。

 

 

 

もしも、他人が自分を「愚劣だ」と呼ぶが故に、愚劣となるのであれば、その呼ぶ人自身は、自らの人間的思考の運動(賢者⇔愚者)の運動を制してないのであるから愚劣な者となる。相手もその運動に巻き込まれたならば、ともに愚劣となってしまう。また、もしも自分で人間的思考の運動(賢者⇔愚者)を制したヴェーダの達人・賢者と称し得るのであれば、諸々の修行者のうち愚者は一人も存在しないことになる。