スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

ご法話

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇908のご法話

908 「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるのだろう。かれらは、正しい道を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。

 

 

優れた師などから習い「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるのだろう。かれらは、人間的思考の運動(快⇔不快)を制すると言う正しい道を踏みはずして、人間的思考の運動(快⇔不快)を立ち上げ他人によって清浄となると説く。真理は伝え聞くものではなく、自らが人間的思考の運動(快⇔不快)を制して見るものである。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇907のご法話

907 (真の)バラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて断定をして固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。他の教えを最も勝れたものだと見なすこともないからである。

 

 

真の修行者は、自ら真理を見る者であって、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて断定をして人間的思考の運動を立ち上げ固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。他の教えに執着をし、最も勝れたものだと見なすこともないからである。真理は求めうろつくものではなく、目の前にあるのであるから。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇906のご法話

906 かれらは自分の道を称讃するように、自己の教えを尊重している。しからば一切の議論がそのとおり真実であるということになるであろう。かれらはそれぞれ清浄となれるからである。

 

 

かれらは自分の道を称讃するように、自己の教えを尊重している。しからば一切の議論がそのとおり真実であるということになるであろう。人間的思考の運動(快⇔不快)を制してみているならば、かれらはそれぞれ清浄となれるからである。しかし、自らの見方に執着をし、人間的思考の運動(優⇔劣)を立ち上げて論争に至るならば、かれらは生死を乗り越えてはいないのである。

 

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇905のご法話

905 もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説を堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。

 

 

もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説を堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。修行者は、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制して真理を見るならば、他の意見など何も気にする必要さえないのである。それは、自らが見て知る知見によって確固たる真になるのであるから。

 

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇904のご法話

904 かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異なった執見をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。

 

 

 

かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異なった執見=人間的思考の運動(完全⇔下劣)をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。修行者は、人間的思考の運動を制しない限り真理を見る事は出来ないのである。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇903のご法話

903 或る人々が「最高の教えだ」と称するものを、他の人々は「下劣なものである」と称する。これらのうちで、どれが真実の説であるのか?ーかれらはすべて自分らこそ真理に達した者であると称しているのであるが。

 

 

 

或る人々が「最高の教えだ」と称するものを、他の人々は「下劣なものである」と称する。これらのうちで、どれが真実の説であるのか?ーかれらはすべて自分らこそ真理に達した者であると称しているのであるが。人間的思考の運動(優⇔劣)によって比較対象し、自らが優れていると見なす。そこには、真理はない。人間的思考の運動が立ち上がっているからである。自ら真理を見る者は、他と比較する必要もなく安らぎに帰している。そのように師は言われた。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇902のご法話

902 ねがい求める者には欲念がある、また、はからいのあるときには、おののきがある。この世において死も生も在しない者、ーかれは何を怖(おそ)れよう、何を欲しよう。

 

 

 

ねがい求める者には人間的思考の運動(快⇔不快)による快⇔不快を掴もうとする欲念がある、また、はからいのあるときには、不快を恐れるおののきがある。この世において死も生も在しない者、人間的思考の運動(快⇔不快)を制したかれは何を怖(おそ)れよう、何を欲しよう。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇901のご法話

901 あるいはぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を賛美するが、妄執を離れていないので、移りかわる種々なる生存のうちにある。

 

 

 

あるいはぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を賛美するが、人間的思考の運動(快⇔不快)によって何かを掴もうとする妄執を離れていないので、それらを得るためにうろつき、移りかわる種々なる生存のうちにある。それらを制することが修行なのだが。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇900のご法話

900 一切の戒律や誓いをも捨て、(世間の)罪過(ざいか)あり或いは罪過なきこの(宗教的)行為をも捨て、「清浄である」とか「不浄である」とかいってねがい求めることもなく、それらにとらわれずに行え。ー安らぎを固執することもなく。

 

 

自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を静止せよ。一切の戒律や誓いによる人間的思考の運動(できる⇔できない)をも捨て、世間の人間的思考の運動(罪過(ざいか)あり⇔罪過なき)この宗教的行為をも捨て、人間的思考の運動(「清浄である」⇔「不浄である」)とか運動によって、ねがい求めることもなく、それらにとらわれずに行え。ー安らぎを固執することもなく全ての人間的思考の運動(快⇔不快)を制して初めて修行が出来るのである。

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇899のご法話

899 もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは〈戒律や制戒の〉つとめにそむいて、おそれおののく。(それのみならず、)かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めている。たとえば隊商からはぐれた(商人が隊商をもとめ)、家から旅立った(旅人が家をもとめる)ようなものである。

 

 

もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは戒律や制戒のつとめにそむいて、おそれおののく。それのみならず、かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて人間的思考の運動(快⇔不快)により快を望み求めている。たとえば隊商からはぐれた商人が不安になり隊商をもとめ見つけた時には安心する人間的思考の運動(安心⇔不安)であり、家から旅立った旅人が家がないと不安になり、家をもとめて見つければ安心するようなものである。これらも人間的思考の運動(安心⇔不安)である。修行者は、これら人間的思考の運動を制して世の中を遍歴して初めて安穏を観るのである。