スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

05月

スッタニパータ  パスーラ825の解説

825 かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を〈愚者である〉と烙印(らくいん)し、他人(師など)をかさに着て、論争を交(かわ)す。ーみずから真理に達した者であると称しながら、自分が称賛されるようにと望んで。

 

 

かれらは人間的思考の運動(称賛⇔非難)により論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を愚者であると烙印(らくいん)し、師などをかさに着て、論争を交(かわ)す。ーみずから真理に達した者であると称しているにもかかわらず、人間的思考の運動(称賛⇔非難)を立ち上げて、自分が称賛されるようにと望んでいるのである。これを見て修行者は、人間的思考の運動を立ち上げてはならない。それを制する事が修行であり真理なのである。

 

スッタニパータ  パスーラ824の解説

824 かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執(こしゅう)している。

 

 

 

かれらは諸々の教えを両極端に分別し「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。これが人間的思考の運動(善⇔悪)である。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々のかれらが考える人間的思考の運動による真理に固執(こしゅう)している。かれらは、真理を目指すと言いながら、両極端に道を踏み外しては、争論に至るのである。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ823の解説

823 聖者は諸々の欲望を顧(かえり)みることなく、それを離れて修行し、激流を渡りおわっているので、諸々の欲望に束縛(そくばく)されている人々はかれを羨(うらや)むのである。」ー

 

 

 

聖者は諸々の人間的思考の運動がもたらす欲望を顧(かえり)みることなく、人間的思考の運動を離れて修行し、それを制し激流を渡りおわっているので、諸々の人間的思考の運動による欲望に束縛(そくばく)されている人々はかれを羨(うらや)むのである。人間的思考の運動に束縛されていると、禍福が縄の如く人々に襲いかかる。それを知って修行者よ人間的思考の運動に気をつけることを常とし、彼の岸へと渡るのだ。と師は言われた。

 

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ822の解説

822 (俗事から)離れて独り居ることを学べ。これは諸々の聖者にとって最上のことがらである。(しかし)これだけで『自分が最上の者だ』と考えてはならない。ーかれは安らぎに近づいているのだが。

 

 

 

人間的思考の運動による世界いわゆる俗事から離れて独り居ることを学べ。これは諸々の聖者にとって最上のことがらである。しかしこれだけで『自分が最上の者だ』と考えてはならない。ーかれは安らぎに近づいているのだが。この人間的思考の運動を制止して、そこから繋がるところの仏性に通じる。それが仏への道である。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ821の解説

821 聖者はこの世で前後にこの災いのあることを知り、独りでいる修行を堅(かた)くまもれ。淫欲の交わりに耽ってはならない。

 

 

 

聖者はこの世で前後に人間的思考の運動(快⇔不快)にはこの快、不快が交互に現れる災いのあることを知り、人間的思考の運動(快⇔不快)を制する修行を堅(かた)くまもれ。人間的思考の運動(快⇔不快)に流されて淫欲の交わりに耽ってはならない。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ820の解説

820 独りでいる修行をまもっていたときには一般に賢者と認められていた人でも、もしも淫欲の交わりに耽ったならば、愚者のように悩む。

 

 

人間的思考の運動(快⇔不快)を制している修行をまもっていたときには一般に賢者と認められていた人でも、もしも人間的思考の運動(快⇔不快)を追い求めて淫欲の交わりに耽ったならば、それは人間的思考の運動すなわち快、不快を繰り返す運動に陥るので愚者のように悩むのである。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ819の解説

819 そうして他人に詰(なじ)られた時には虚言に陥(おちい)る。すなわち、[自らを傷つける]刃(悪行)をつくるのである。これがかれの大きな難所である。

 

 

人間的思考の運動(快⇔不快)に陥って思い悩み、そうして他人に詰(なじ)られた時には更に人間的思考の運動(良⇔悪)により虚言に陥(おちい)る。すなわち、自らを傷つける刃(悪行)である人間的思考の運動による波をつくるのである。これがかれの大きな難所である。このように激流が激流をよぶと知れ。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ818の解説

818 かれは諸々の(欲の)想いに囚(とら)われて、困窮者のように考えこむ。このような人は、他人からのとどろく非難の声を聞いて恥じいってしまう。

 

 

 

かれは諸々の人間的思考の運動(快⇔不快)による想いに執着しているためにその想いに囚(とら)われて、困窮者のように考えこむ。このような人は、他人からのとどろく非難の声を聞いて恥じいってしまう。そのような修行者はあるときは、尊ばれるが、必ず反対方向へ運動をするので、このように非難される。すなわち人間的思考の運動によって幸⇔不幸と変化をくりかえしていくのである。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ817の解説

817 かつてかれのもっていた名誉も名声も、すべて失われる。このことわりをも見たならば、淫欲の交わりを断つことを学べ。

 

かつてかれのもっていた名誉も名声のもととなっていた仏性が人間的思考の運動(快⇔不快)によってすべて失われる。このことわりをも見たならば、この両極端の運動にもとづいた欲望による淫欲の交わりを制することを学べ。聖者はこの人間的思考の運動を制して、中道から来るところの仏性へとエネルギーを転換して遂には目覚めた人となるのである。

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ816の解説

816 かつては独りで暮らしていたのに、のちに淫欲の交わりに耽る人は、車が道からはずれたようなものである。世の人々はかれを『卑しい』と呼び、また『凡夫』と呼ぶ。

 

 

 

かつては独りで暮らして人間的思考の運動(快⇔不快)を制する生活をしていたのに、のちに人間的思考の運動(快⇔不快)の赴くままに淫欲の交わりに耽る人は、車が道からはずれたようなものである。すなわち中道と言う道をを外れたのである。世の人々は両極端の反応に赴いたかれを『卑しい』と呼び、また『凡夫』と呼ぶ。