スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

03月

スッタニパータ  学生ウダヤの質問1111の解説

1110 「どのようによく気をつけて行なっている人の識別作用が、止滅(しめつ)するのですか?それを先生におたずねするためにわたくしはやってきたのです。あなたのそのおことばをお聞きしたいのです。」

 

 

1111 「内面的にも外面的にも感覚的感受を喜ばない人、このようによく気をつけて行なっている人、の識別作用が止滅するのである。」

 

 

「心による反応の仕方にも身体で感じる反応の仕方にも人間的思考の運動(快⇔不快)を制止し、感覚的感受を喜ばない人、このようによく気をつけて日々過ごしているいる人の識別作用が止滅するのである。」

スッタニパータ  学生ウダヤの質問1109の解説

1108 「世人は何によって束縛(そくばく)されているのですか?世人をあれこれ行動させるものは何ですか?何を断ずることによって安らぎ(ニルヴァーナ)があると言われるのですか?」

 

 

1109 「世人は歓喜に束縛されている。思わくが世人をあれこれ行動させるものである。妄執を断ずることによって安らぎがあると言われる。」

 

 

「世人は。人間的思考の運動(歓喜⇔非難)の運動による歓喜に束縛されている。この両極端の運動である歓喜を得たいと言う思わくが世人をあれこれ行動させるものである。このような人間的思考の運動である妄執を断ずることによって安らぎがあると言われる。」

スッタニパータ  学生ウダヤの質問1107の解説

1107 平静な心がまえと念(おも)いの清らかさ、ーそれらは真理に関する思索にもとづいて起こるものであるが、ーこれが、無明を破ること、正しい理解による解脱、であると、わたくしは説く。」

 

 

 

中道を極めた寂静な心と両極端を制した念(おも)いの清らかさ、ーそれらは真理に関する思索にもとづいて起こるものであるが、ーこれが、無明を破ること、自らの反応の仕方をよく理解したことによる無常の世からの解脱であると、わたくしは説く。」

スッタニパータ  学生ウダヤの質問1106の解説

1105 ウダヤさんがたずねた、「瞑想に入って坐(ざ)し、塵垢(ちりあか)を離れ、為(な)すべきことを為しおえ、煩悩の汚れなく、一切の事物の彼岸(ひがん)に達せられた(師)におたずねするために、ここに来ました。無明(むみょう)を破ること、正しい理解による解脱(げだつ)、を説いてください。」

 

 

1106 師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、悔恨(かいこん)をやめること。

 

 

師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。人間的思考の運動(愛欲⇔憂い)を制止し、愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、人間的思考の運動(浮き⇔沈み)を制止し、沈んだ気持ちと浮いた気持ちの両者を除くこと、人間的思考の運動により変化が起こり悔恨が生ずる。人間的思考の運動を制し悔恨(かいこん)が生ずるような反応の仕方をしてならない。師はこのように説かれた。

 

スッタニパータ  学生バドラーヴダの質問1104の解説

1104 それ故に、修行者は明らかに知って、よく気をつけ、全世界においてなにものをも執してはならない。ー死の領域に愛着を感じているこの人々を〈取る執著ある人々〉であると観(み)て。」

 

 

 

それ故に、修行者は明らかに自らの人間的思考の運動による反応の仕方を知って、よく気をつけ、全世界においてなにものをも執してはならない。ーこの無常の世に生れることによって死の領域に愛着を感じているこの人々を取る執著ある人々であると観(み)て。人間的思考の運動を制して彼の岸へ到達せよ。

スッタニパータ  学生バドラーヴダの質問1103の解説

1101 バドラーヴダさんがたずねた、「執著の住所をすて、妄執を断ち、悩み動揺することなく、歓喜をすて、激流を乗り超え、すでに解脱(げだつ)し、はからいをすてた賢明な(あなた)に切にお願いします。

 

 

1102 健き人よ。あなたのおことばを聞こうと希望して、多勢の人々が諸地方から集まって来ましたが、竜(ブッダ)のおことばを聞いて、人々はここから立ち去るでしょう。かれらのために善く説明してやってください。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるのですから。」

 

 

1103 師(ブッダ)は答えた、「バドラーヴダよ。上にも下にも横にでも中間にでも、執著する妄執をすっかり除き去れ。世の中の何ものに執着しても、それによって悪魔が人につきまとうに至る。

 

 

師(ブッダ)は答えた、「バドラーヴダよ。上にも下にも横にでも中間にでも、この無常の世に存在するものへの人間的思考の運動を制し、執著する妄執をすっかり除き去れ。世の中の何ものに人間的思考の運動による反応の仕方をして、執着しても、それによって苦が人につきまとうに至る。これが苦の素因だと知れ。

スッタニパータ  学生ジャトゥカンニンの質問1100の解説

1100 バラモンよ。名称と形態とに対する貪りを全く離れた人には、諸々の煩悩は存在しない。だから、かれは死に支配されるおそれがない。」

 

 

修行者よ。この無常で変化ある世界において、人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を限りなく制止し、名称と形態とに対する貪りを全く離れた人には、諸々の煩悩は存在しない。だから、かれは死に支配されるおそれがない。故にこの無常の世界に生れてくる素因は尽きて解脱したのである。

スッタニパータ  学生ジャトゥカンニンの質問1099の解説

1099 過去にあったもの(煩悩)を涸渇(こかつ)せしめよ。未来にはそなたに何ものもないようにせよ。中間においても、そなたが何ものにも執著(しゅうじゃく)しないならば、そなたはやすらかにふるまう人となるであろう。

 

 

 

 

過去に分別したものもの(煩悩)を涸渇(こかつ)せしめよ。未来には人間的思考の運動(分別)を止めて、そなたに何ものもないようにせよ。中間すなわち現在においても、そなたが人間的思考の運動(好き⇔嫌い)を止めて、何ものにも執著(しゅうじゃく)しないならば、そなたはやすらかにふるまう人となるであろう。

 

 

 

 

スッタニパータ  学生ジャトゥカンニンの質問1098の解説

1096 ジャトゥカンニンさんがたずねた、「わたくしは、勇士であって、欲望をもとめない人がいると聞いて、激流を乗り超(こ)えた人(ブッダ)に〈欲のないこと〉をおたずねしようとして、ここに来ました。安らぎの境地を説いてください。生まれつき眼(まなこ)のある方(かた)よ。先生!それを、あるがままに、わたくしに説いてください。

 

 

1097 師(ブッダ)は諸々の欲望を制してふるまわれます。譬えば、光輝ある太陽が光輝によって大地にうち克(か)つようなものです。智慧ゆたかな方(かた)よ。智慧の少いわたくしに理法を説いてください。それをわたくしは知りたいのです、ーこの世において生と老衰とを捨て去ることを。」

 

 

1098 師(ブッダ)は答えた、「ジャトゥカンニンよ。諸々の欲望に対する貪(むさぼ)りを制せよ。ー出離(しゅつり)を安穏(あんのん)であると見て。取り上げるべきものも、捨て去るべきものも、なにものも、そなたたちにとって存在してはならない。

 

師(ブッダ)は答えた、「ジャトゥカンニンよ。諸々の欲望に対する貪(むさぼ)りのもとである人間的思考の運動を制せよ。ーこの運動から出たところの出離(しゅつり)を安穏(あんのん)であると見て。両極端を離れて取り上げるべきものも、捨て去るべきものも、なにものも、そなたたちにとって存在してはならない。この世は無常であり変化するものである。

 

スッタニパータ  学生カッパの質問 1095の解説

1095 このことをよく知って、よく気をつけ、現世において全く煩(わずら)いを離れた人々は、悪魔に伏せられない。かれらは悪魔の従者とはならない。」

 

 

人間的思考の運動による反応の仕方をよく知って、よく気をつけ、現世において全く両極端の煩(わずら)いを離れた人々は、悪魔(執着)に伏せられない。かれらは悪魔(執着)の従者とはならない。かれらは自らを制し荒波を渡り終わり遂には彼の岸へと到達したのである。