スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

12月

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 913の解説

913 過去の汚れを捨てて、新しい汚れをつくることなく、欲におもむかず、執着して論ずることもない。賢者は諸々の偏見を離脱して、世の中に汚されることなく、自分を責めることもない。

 

 

 

過去の汚れ、すなわち過去に分別した思考を捨てて、新しい汚れ、すなわち新しく分別することなく、全ての人間的思考の運動を制して欲におもむかず、執着して論ずることもない。賢者は諸々の人間的思考の運動による偏った見方を制して、世の中の激流に汚されることなく、自分を責めることもない。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 912の解説

912 聖者はこの世で諸々の束縛(そくばく)を捨て去って、論争が起ったときにも、党派にくみすることがない。かれは不安な人々のうちにあっても安らけく、泰然として、執することがない。ー他の人々はそれに執着しているのだが。-

 

 

 

聖者はこの世で諸々の人間的思考の運動(快⇔不快)による束縛(そくばく)を捨て去って、論争が起ったときにも、どちらかを選んで党派にくみすることがない。かれは不安な人々すなわち人間的思考の運動がもたらす動揺する人々のうちにあっても安らけく、泰然として、執することがない。ー他の人々はそれに執着しているのだが。-それを知って修行者は、自らの人間的思考の運動を制して、禍福をも制して彼の岸へと向かうのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 911の解説

911 バラモンは正しく知って、妄想分別(もうそうふんべつ)におもむかない。見解に流されず、知識にもなずまない。かれは凡俗の立てる諸々の見解を知って、心にとどめない。ー他の人々はそれに執着しているのだが。-

 

 

 

修行者は人間的思考の運動を正しく知って、運動によって分ける妄想分別(もうそうふんべつ)におもむかない。人間的思考の運動による偏った見解に流されず、知識にもとづいて分ける事もない。かれは凡俗の立てる諸々の人間的思考の見解を知って、心にとどめない。ー他の人々はそれに動かされ執着しているのだが。-修行とは、人間的思考の運動を制する事であって、人間的思考の運動のままに分別することではない。この世に存在するあらゆる人間的思考の運動による誘惑にとらわれることなく聖者は彼の岸へと渡るのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 910の解説

910 (「われは知る」「われは見る」ということに)執着して論ずる人は、みずから構えた偏見を尊重しているので、かれを導くことは容易ではない。自分の依拠することがらのみ適正であると説き、そのことがらに(のみ)清浄(となる道)を認める論者は、そのように(一方的に)見たのである。

 

 

 

 

 

「われは知る」「われは見る」ということに執着して論ずる人は、みずから構えた人間的思考の運動による偏見を尊重しているので、かれを導くことは容易ではない。人間的思考の運動によって自分の依拠することがらのみ適正であると説き、そのことがらにのみ清浄となる道を認める論者は、そのように一方的に見たのである。人は、人間的思考の運動に陥ると自らの見方と同じような見方をするものを喜び、それ以外のものを排除しようとする。修行者はそのように知って、自らが人間的思考の運動に陥らないように常に気をつけ世の中を遍歴せよ。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 909の解説

909 見る人は名称と形態とを見る。また見てはそれらを(常住または安楽であると)認め知るであろう。見たい人は、多かれ少なかれ、それらを(そのように)見たらよいだろう。真理に達した人々は、それ(を見ること)によって清浄になるとは説かないからである。

 

 

 

見る人は名称と形態とを見る。また見てはそれらを常住または安楽であると思い込むであろう。人間的思考の運動によって分別をし見たい人は、多かれ少なかれ、それらをそのように見たらよいだろう。真理に達した人々は、人間的思考の運動による分別をして見ることによって清浄になるとは説かないからである。人間的思考の運動によるものは、一時的に常住または安楽のように感じることがあっても、それは無常の世界において名称と形態とは、運動をするので常住ではなく、苦へと変化するからある。それを知って聖者は、名称と形態にもとづいた人間的思考の運動を制して中道を歩み遂には彼の岸へ到達するのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 908の解説

908 「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるのだろう。かれらは、正しい道を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。

 

 

 

「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるのだろう。かれらは、正しい道である自らの人間的思考の運動を制すると言う修行方法を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。他人があなたの人間的思考の運動を気をつけてあげることはできない。自らが常に気をつけてこそ制する事ができるのである。そのことに気づいた修行者は、自らの人間的思考の運動を制して中道を歩み安穏を観たのである。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 907の解説

907 (真の)バラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて断定をして固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。他の教えを最も勝れたものだと見なすこともないからである。

 

 

 

真の修行者は、分ける事がないので、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて人間的思考の運動により分けて断定をして固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。人間的思考の運動が立ち上がることはないので、他の教えを最も勝れたものだと見なすこともないからである。このように修行者は、諸々の教えに対しても分別することなく、人間的思考の運動を制して常に寂静であると知れ。精神的な貪りをも制して中道を歩む修行者は、遂には彼の岸へと到達するのである。

 

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 906の解説

906 かれらは自分の道を称讃するように、自己の教えを尊重している。しからば一切の議論がそのとおり真実であるということになるであろう。かれらはそれぞれ清浄となれるからである。

 

 

 

かれらは自分の道を人間的思考の運動である(称賛⇔非難)によって称讃するように、自己の教えを尊重している。しからば一切の議論がそのとおり真実であるということになるであろう。かれらはそれぞれかれらの考えの上では清浄となれるからである。しかしながら、人間的思考の運動(称賛⇔非難)をしている限り清浄とはならない。かれらの心は激しく運動をし、また生れてくるのである。修行者は、教えにとらわれすぎることもまた、人間的思考の運動である事を知って、自らの人間的思考の運動にもよく気をつけ論争を回避し世の中を遍歴せよ。

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 905の解説

905 もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説を堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。

 

 

 

もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説に執着をし堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。修行者も、最初は、人間的思考の運動(正⇔誤)により修行方法を選択し修行に入るのだが、そのままの人間的思考の運動でいたならば、その修行方法に執着をし、あるいは、師に執着をし、あるいは、周りの方法と比較し執着をする。そしてその想いによって煩悩の激流に飲み込まれていくのである。修行者は、ひとたび方法を知ったならば、その人間的思考の運動による想いから離れ、執着することなく世の中を遍歴し遂には彼の岸へと到達するのである。

 

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 904の解説

904 かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異なった執見をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。

 

 

かれらは自分の教えを自らの一方的な見方で「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異なった執着した見方をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。それぞれがそれぞれの人間的思考の運動による反応の仕方で自らの考えに執着をしているのである。そうしてそれぞれの想いにより激流に飲み込まれるのである。修行者は、それを知って、自らが知ったこと、聞いたことに執着をしてはならない。それらの人間的思考の運動をも制して聖者は安穏を観たのである。