スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ828の解説

スッタニパータ パスーラ828の解説

828 これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。

 

 

 

論争にもとづいた、修行者の人間的思考の運動には得意⇔失意がある。それは、運動をするので、ある時は、得意になる現象が目の前に現れ、ある時は失意に悩まされる。いずれにしてもかれの心は激流である。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。その人間的思考の想いはかれに刻まれかれを蝕む。それを知って修行者は、自らの人間的思考の運動に常に気をつけ世の中の激流を渡りつくせ。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です