スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ829の解説

スッタニパータ パスーラ829の解説

829 あるいはまた集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。

 

 

集会の中で、人間的思考の運動によって議論を述べる人間には、心に称賛を欲する運動がある。すなわち称賛⇔非難の運動である。ある時は称賛され、またある時は、非難されるのであるが、その運動に伴って、かれの心もまた、運動するのである。集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。これが第一の運動である。運動をするので必ず逆の現象が起きある時は非難され、意気消沈する。これが第二の運動である。この二元の運動を繰り返す。かれの心は常に落ちつくこと無く、荒波である。このありさまを観て修行者は、常に人間的思考の運動に気をつけよ。それによって何か喜ぶような事を期待して運動してはならない。その喜びを捨てて、運動を離れて聖者は安穏を観たのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です