スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 欲望769、770の解説

スッタニパータ 欲望769、770の解説

769 ひとが、田畑、宅地、黄金、牛馬、奴婢(ぬひ)、僱人(やといにん)、婦女、親族、その他いろいろの欲望を貪り求めると、

 

 

770 無力のように見えるもの(諸々の煩悩)がかれにうち勝ち危い災難がかれをふみにじる。それ故に苦しみがかれにつき従う。あたかも壊(やぶ)れた船に水が浸入するように。

 

 

ひとが、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を抑えられずに田畑、宅地、黄金、牛馬、奴婢(ぬひ)、僱人(やといにん)、婦女、親族、その他いろいろの欲望を両極端に分け、貪り求めると、無力のように見えるもの諸々の煩悩がかれにうち勝ち、それらを手放さないならば、危い災難がかれをふみにじる。それ故に苦しみがかれにつき従う。あたかも壊(やぶ)れた船に水が浸入するように。故に修行者は、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制し、怠ることなく水が浸入する穴をふさぎ、世の中を遍歴し、彼の岸へと到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です