スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 学生ウダヤの質問1106のご法話

スッタニパータ 学生ウダヤの質問1106のご法話

1105 ウダヤさんがたずねた、「瞑想に入って坐(ざ)し、塵垢(ちりあか)を離れ、為(な)すべきことを為しおえ、煩悩の汚れなく、一切の事物の彼岸(ひがん)に達せられた(師)におたずねするために、ここに来ました。無明(むみょう)を破ること、正しい理解による解脱(げだつ)、を説いてください。」

 

1106 師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、悔恨(かいこん)をやめること。

 

師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を制し、自らの感情を制御し、何ものをも掴むことなく、愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、何かを得ようとあれこれ動くことなく、悔恨(かいこん)をやめること。すなわち両極端にうろつくことなく、中道を歩み、観察に集中することである。それが正しい気づきに繋がる。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です