スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 老い808のご法話

スッタニパータ 老い808のご法話

808 「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。

 

 

世に生まれ、名前を持ち、その時を生きる。人は、常に変化し、若き者も年老いて、やがて死を迎える。その生きざまは世に伝えられるかも知れないが、ただ、それだけである。それは、人が生まれて、死を迎える。その事実がある。生あるものには死がついてまわることを知って、その苦しみから離脱しようとするならば、生を掴んではならない。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です