スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇879の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇879の解説

879 かれらはこのように異なった執見をいだいて論争し、「論敵は愚者であって、真理に達した人ではない」と言う。これらの人々はみな「自分こそ真理に達した人である」と語っているが、これらのうちで、どの説が真実なのであろうか?

 

 

人には様々な見方がある。かれらはこのように異なった執見をいだいて論争し、「論敵は愚者であって、真理に達した人ではない」と言う。これらの人々はみな「自分こそ真理に達した人である」と語っているが、人間的思考の運動に陥ると、ものごとを快、不快に分け、快=自らと同じ見方をするもの、不快=自らと違った見方をするものへ分別をする。そうして快を貪り求め、不快を排除しようとする。ゆえに論的を愚者と見なすのである。ゆえに真理に達した賢者は自らの人間的思考の運動を制し論争におよばないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です