スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  パスーラ827の解説

スッタニパータ  パスーラ827の解説

827 諸々の審判者がかれの緒論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といって悲泣(ひきゅう)する。

 

 

諸々の審判者がかれの緒論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といって悲泣(ひきゅう)する。論争に及ぶものには、このような激流がついてまわる。あるときは称賛されあるときは悲泣する。かれらに安らぎはなく、激流である。この理を知ったならば、修行者は、自らの人間的思考の運動を制し論争に赴いてはならない。称賛っされれば、運動をするので、非難されるのである。かの聖者はこの理を知って論争に赴かず遂には彼の岸へと到達したのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です