スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  老い811の解説

スッタニパータ  老い811の解説

811 聖者はなにものにもとどこおることなく、愛することもなく、憎むこともない。悲しみも慳(ものおし)みもかれを汚すことがない。譬(たと)えば(蓮(はす)の)葉の上の水が汚されないようなものである。

 

 

 

聖者はなにものにもとどこおることなく、人間的思考の運動を制し愛⇔憎の運動を制し、人間的思考の運動によって愛することもなく、憎むこともないそのような運動を制しているものだと知れ。悲⇔慳の運動をも制し、悲しみも慳(ものおし)みもかれを汚すことがない。譬(たと)えば(蓮(はす)の)葉の上の水が汚されないようなものである。すなわち人間的思考の運動を制し中道を保つもの。かれにはどのような汚れも蓮の葉の上の水がごとく汚されない。このように中道を保ち修行を進めてゆくのである。実に世の中の人間は、この人間的思考の運動により愛を叫ぶが、それは、人間的思考の運動であるので、時間と共に憎しみへと変わるのである。聖者は、この運動を完全に制して、時間も空間をも乗り越え遂には彼の岸へと到達するのである。

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です