スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇894の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇894の解説

894 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量(はか)りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の(哲学的)断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。

 

 

 

人間的思考の運動をする人間は、一方的な自らの見方にもとづいて、自らの正当性をその一方的な見方にもとづいて論争に及ぶ。一切の「こうでないといけない」というこだわりを捨てたならば、人は、世の中で確執を起こすことはない。そのこだわりが苦なのである。そのこだわりとこだわりがぶつかり合って確執を産む。こだわりを捨てたとき、かれらは、ニルヴァーナへ至りお互いに高め合う存在になるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です