スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇888,889の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇888,889の解説

888 反対者を〈愚者〉であると見なすとともに、自己を〈真理に達した人〉であるという。かれはみずから自分を〈真理に達した人〉であると称しながら、他人を蔑視し、そのように語る。

 
889 かれは誤(あやま)った妄見を以てみたされ、驕慢(きょうまん)によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、みずから心のうちでは自分を賢者だと自認している。かれのその見解は、(かれによれば)そのように完全なものだからである。
 

 

888 、889の解説

自分の意見と違う者に対して愚者であると見なすとともに、自己を真理に達した人であるという。かれはみずから自分を真理に達した人であると称しながら、他人を蔑視し、そのように語る。かれは偏った一方的な見方を以てみたされ、高慢によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、みずから心のうちでは自分を賢者だと自認している。かれのその見解は、かれによれば、そのように完全なものだと思い込んでいるからである。
 

 

意識的な快をもとめ他からの称賛を得るために、自らを真理に達した人であると語り、自らの偏った考えを称賛されては、喜び、高慢になる者。かれは実に人間的思考である。ある時は、称賛され喜び、ある時は非難され失意に落ち込むこのような運動をしている者である。また、称賛された時には、他人を蔑視しながら語るのである。このようにこころが高ぶり運動をする。この運動は、煩悩の激流である。聖者は、この高ぶった喜びを欲する者ではない。喜びを捨てる者である。この両極端の運動を制し、高慢になることなく、また蔑視することもない。その者をその状態であると知り、その両極端の運動から離れたところにかれは住する。かれの心には鏡のような全てを知る智慧が存在する。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です