スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ825の解説

スッタニパータ パスーラ825の解説

825 かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を〈愚者である〉と烙印(らくいん)し、他人(師など)をかさに着て、論争を交(かわ)す。ーみずから真理に達した者であると称しながら、自分が称賛されるようにと望んで。

 

 

 

人間的思考の運動を制する修行を怠り修行を行うと常に2つの想いが立ち上がる。すなわち、「正しいか」、「間違えているか」である。この想いが立ち上がると、心の中は、二元の運動による快を求めて心が枯渇し欲するのである。そして、自らが奉ずる「正しい」と称したものを貪り求めて、遂には、議論に突入する。かれらは各々議論を欲し、集会に突入し相互に他人を愚者であると烙印し、師などをかさに着て、論争をかわす。自らが心理に達した者であると称しながら、自分が称賛されるようにと心が運動をする。それは運動をするので、ある時は、称賛されまた、ある時は、非難される。このような運動がある事を知って賢者は、自らの精神的な貪りにも、よく気をつけ世の中を遍歴せよ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です