スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ824の解説

スッタニパータ パスーラ824の解説

824 かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執(こしゅう)している。

 

 

 

人間的思考(正しい⇔間違い)の運動により教えを貪り求める人間は、自らの両極端に分ける思考により「ここにのみ清らかさがある」と説き、他の諸々の教えは清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の人間的思考により分けた真理に固執(こしゅう)している。最初は、人間的思考により教えを聞くのであろうが、そのままでは、何も変わらないのである。かれらは教えをも2元の思考で分けては、この教えが正しい、あの教えは間違いだと両極端に分ける。そして自らが奉ずるもののみに執着をし、その他のものを排除しようとする。そして、その思考による煩悩の荒波を作っているのである。賢明な修行者は、その思考の運動に気づき、二元の運動を止める。その止めた先にこそ目指すべきところがあるのだ。それを知って精神的な貪りをも制し、かの聖者は彼の岸へ到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です