スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ823の解説

スッタニパータ パスーラ823の解説

823 聖者は諸々の欲望を顧(かえり)みることなく、それを離れて修行し、激流を渡りおわっているので、諸々の欲望に束縛(そくばく)されている人々はかれを羨(うらや)むのである。」ー

 

 

 

聖者は、人間的思考を止めて、2つに分ける事が無いので、どちらかを求める事は無い。その運動を離れて修行し、煩悩の激流を渡り終わっているので、諸々の欲望にとらわれて、束縛されている人々は、かれをうらやむのである。人間は、自らが2つの両極端に分けて、快を貪り束縛されている。自らが自らを鎖に繋いであるのである。それをわからずに次々と、欲し、まさに雁字搦めである。修行者は常に、その運動に気をつける事によって、その束縛を回避し、安穏に満たされている。かれは、束縛される想いを作らず、また、求める事も無い。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です