スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 老い805の解説

スッタニパータ 老い805の解説

805 人々は「わがものである」と執着した物のために悲しむ。(自己の)所有しているものは常住ではないからである。この世のものはただ変滅するものである、と見て、在家にとどまってはならない。

 

 

人々は、人間的思考によって物事を2つに分け自らの好みにもとづいて「わがものである」と取る。この世は無常であるから「わがもの」と執着した物は、時とともに変化し、滅し、失われ悲しむ。この世のものはただ変滅すると観て、在家で欲したもの、あるいは取得したものは全て失われると感じて、在家にとどまってはならぬ。しかしながら、在家⇔出家と言う運動にも気をつけよ。それもまた人間的思考の運動なのである。それを知って修行者は、人間的思考を静止する事を常に心がけ、煩悩の荒波を渡る。その渡り終わった地にこそ彼の岸があるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です