スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句786の解説

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句786の解説

786 邪悪を掃(はら)い除いた人は、世の中のどこにいっても、さまざまな生存に対してあらかじめいだいた偏見が存在しない。邪悪を掃(はら)い除いた人は、いつわりと驕慢(きょうまん)と捨て去っているが、どうして(輪廻に)赴(おもむ)くであろうか?かれはもはやたより近づくものがないのである。

 

 

 

人間的思考すなわち快⇔不快の運動を静止した人は、世の中に存在する生きもの、人々に対して両極端に分ける事がないので、自らが分けて見る偏った見方は存在しない。人間的思考を静止した人は、両極端に分けて執着をすることもないので、それを得るために偽ることもないし、何かを得たからと言って心が高ぶる事もない。そのような人間がどうしてこの無常の世に執着をして再び生まれて来ることがあろうか?かれは、もはや何かを求めて近づくものがないのである。それを知って、修行者は、自らの快、不快に分ける二元の運動に日々気をつけて、その運動を静止し、生と死とをのり超えよ。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です