スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句785の解説

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句785の解説

785 諸々の事物に関する固執(はこれこれのものであると)確かに知って、自己の見解に対する執着を超越することは、容易ではない。故に人はそれらの(偏執の)住居(すまい)のうちにあって、ものごとを斥(しりぞ)け、またこれを執(と)る。

 

 

 

諸々の事物に関する執着は、このような運動によって生じていると確かに知って、自らの偏った見方に対する執着を超越することは容易ではない。故に人は、人間的思考の運動によって、物事を二元に分け、好き嫌いに分別をし、嫌いなものを排除し、また、好きなものを取る。実に人間は、このような、人間的思考の運動をしていると知れ。自らの人間的思考の運動に気をつけない人々は、自らが作り出すこの快⇔不快の運動によって禍福を作りだしその激流に溺れる。聖者は、それを知って、自らの運動に気をつけそれを制し、遂には安穏を観たのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です