スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇887の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇887の解説

887 偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依存して(他の説を)蔑視(べっし)し、(自己の学説の)断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。

 

 

偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、自らの人間的思考の運動(快⇔不快)を立ち上げては、これらに依存して掴み他の説を蔑視(べっし)し、自己の学説の断定的結論に立ってそれらを掴んでは喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。故にかれらは中道を踏み外しているのである。真理を観るものは中道を保たない限り見る事はできないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。