スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 争闘868の解説

スッタニパータ 争闘868の解説

868 怒りと虚言と疑惑、ーこれらのことがらも、(快と不快との)二つがあるときに現われる。疑惑ある人は知識の道に学べ。〈道の人〉は、知って、諸々のことがらを説いたのである。」

 

 

 

怒りと虚言と疑惑、ーこれらのことがらも、人間的思考の運動(快⇔不快)が立ち上がり快と不快との二つがあるときに現われる。人間的思考の運動(快⇔不快)によって快が掴めない場合に怒り、あるいは不快を掴んだ時に怒る。快を手放せないが故に虚言が起こり、あるいは不快を掴みたくないが故に虚言が起こる。この運動をあるがままに見ないが故に疑惑が起こるのである。疑惑ある人は知識の道に学べ。あるがままに見る道の人は、知って、諸々のことがらを説いたのである。」

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。