スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 老い811の解説

スッタニパータ 老い811の解説

811 聖者はなにものにもとどこおることなく、愛することもなく、憎むこともない。悲しみも慳(ものおし)みもかれを汚すことがない。譬(たと)えば(蓮(はす)の)葉の上の水が汚されないようなものである。

 

 

聖者はなにものにもとどこおることなく、人間的思考の運動(愛⇔憎)の運動を制し、愛することもなく、憎むこともない。それらを手放しているので、悲しみも慳(ものおし)みもかれを汚すことがない。譬(たと)えば(蓮(はす)の)葉の上の水が汚されないようなものである。そのように聖者は、人間的思考の運動(快⇔不快)に汚されることなく中道を歩むのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です