スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇883の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇883の解説

883 或る人々が「真理である、真実である」と言うところのその(見解)をば、他の人々が「虚偽(きょぎ)である、虚妄(きょもう)である」と言う。このようにかれらは異なった執見をいだいて論争する。何故に諸々の(道の人)は同一の事を語らないのであろうか?

 

 

或る人々が両極端の運動(優⇔劣)によって心が高ぶり「真理である、真実である」と言うところのその見解をば、他の人々が「虚偽(きょぎ)である、虚妄(きょもう)である」と言う。このようにかれらは異なった執見をいだいて論争する。何故に諸々の修行者は同一の事を語らないのであろうか?それは、各々の見方に執着をしているからである。かれらは、「これだ」と思いそれを掴む。掴んだ時点でそれは苦しみに変化するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です