スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ830の解説

スッタニパータ パスーラ830の解説

830 心の高ぶりというものは、かれの害(そこな)われる場所である。しかるにかれは慢心・増上慢心(ぞうじょうまんしん)の言をなす。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の達成せる人々は、「それによって清浄が達成される」とは説かないからである。

 

 

心の高ぶりというものは、運動を伴うのであるから、かれの害(そこな)われる場所である。しかるにかれはその運動が感情へも伝わり、慢心・増上慢心(ぞうじょうまんしん)の言をなす。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の達成せる人々は、「何かを得ることによって清浄が達成される」とは説かないからである。その思考の運動を止める事によってのみ、安穏を観ることができるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です