スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ パスーラ826の解説

スッタニパータ パスーラ826の解説

826 集会の中で論争に参加した者は、称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、(論敵の)あらさがしをしているのに、(他人から)論難されると、怒る。

 

 

集会の中で論争に参加した者は、人間的思の運動(称賛⇔非難)が立ち上がり、称賛を受ければ心が高揚するそのような思考によって、称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、論敵のあらさがしをしているのに、他人から論難されると、怒る。このようにかれらの心には激流が渦巻いているのである。論争にはこのような災難があると知って、修行者は論争に赴いてはならない。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です