スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 学生ウダヤの質問1106の解説

スッタニパータ 学生ウダヤの質問1106の解説

1105 ウダヤさんがたずねた、「瞑想に入って坐(ざ)し、塵垢(ちりあか)を離れ、為(な)すべきことを為しおえ、煩悩の汚れなく、一切の事物の彼岸(ひがん)に達せられた(師)におたずねするために、ここに来ました。無明(むみょう)を破ること、正しい理解による解脱(げだつ)、を説いてください。」

 

 

1106 師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、悔恨(かいこん)をやめること。

 

 

師(ブッダ)は答えた、「ウダヤよ。愛欲と憂(うれ)いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、悔恨(かいこん)をやめること。愛欲には、嫉妬、貪りなど様々な煩悩が付随し、憂いは、輪廻を招き、浮き沈みは人間的思考の運動である。悔恨もまた輪廻へと繋がる。これらの荒波を知ってよくこの心の動きに注意すべきである。この無常の世でいかなるものあるいはいかなる形へ執着をしてもそれは叶わず苦へと牽引される。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です