スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 清浄についての八つの詩句788の解説

スッタニパータ 清浄についての八つの詩句788の解説

788 「最上で無病の、清らかな人をわたくしは見る。人が全く清らかになるのは見解による」と、このように考えることを最上であると知って、清らかなことを観ずる人は、(見解を最上の境地に達し得る)智慧であると理解する。

 

 

 

最上で無病の、清らかな人を自らの分別によってわたくしは見る。人が全く清らかになるのは、そのような両極端の見方による」と、このように考えることを最上であると知って、清らかなことを観ずる人は、自らの分別にもとづいた見解を最上の境地に達し得る智慧であると理解する。それは、人間的思考の運動(信⇔疑)によって運動をするので、あるときは、それが清浄に感じるが運動によって次第に疑惑へと変化する。それを知って聖者は、それらの両極端の運動を制したところに安穏を感じとり、遂には彼の岸へと到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です