スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  迅速923の解説

スッタニパータ  迅速923の解説

923 苦痛を感じることがあっても、修行者は決して悲観してはならない。生存を貪り求めてはならない。恐ろしいものに出会っても、慄(ふる)えてはならない。

 

 

苦痛を感じることがあっても、修行者は決して人間的思考の運動(快⇔不快)をしてはならない。人間的思考の運動(生⇔死)によって生存を貪り求めてはならない。恐ろしいものに出会っても、人間的思考の運動(不安⇔安心)の運動により慄(ふる)えてはならない。このように修行者は常に寂静であるべきである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です