スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  争闘868の解説

スッタニパータ  争闘868の解説

868 怒りと虚言と疑惑、ーこれらのことがらも、(快と不快との)二つがあるときに現われる。疑惑ある人は知識の道に学べ。〈道の人〉は、知って、諸々のことがらを説いたのである。」

 

 

 

怒りと虚言と疑惑、ーこれらのことがらも、快と不快との二つすなわち人間的思考の運動(快⇔不快)があるときに現われる。快が得られないと怒り、また不快であっても怒る。快を得るために虚言を言い、不快を回避するために虚言を言う。快⇔不快の運動をするが故に疑惑が生じる。あるときはそれが正しく見え、逆の運動をして虚偽に見え、故に疑惑が生じる。疑惑ある人は知識の道に学べ。道の人は、知って、諸々のことがらを説いたのである。疑惑は人間的思考の運動が故にと。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です