スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  死ぬよりも前に855の解説

スッタニパータ  死ぬよりも前に855の解説

855 平静であって、常によく気をつけていて、世間において(他人と自分と)等しいとは思わない。また自分が勝(すぐ)れているとも思わないし、また劣(おと)っているとも思わない。かれには煩悩(ぼんのう)の燃え盛(さか)ることがない。

 

 

平静(中道)であって、常に自らの人間的思考の運動によく気をつけていて、世間において両極端の思考が立ち上がらないように制し、他人と自分とを比較し等しいとは思わない。また自分が勝(すぐ)れているとも思わないし、また劣(おと)っているとも思わない。かれの人間的思考の運動は、制され煩悩(ぼんのう)の燃え盛(さか)ることがない。人間的思考の運動(喜⇔悲)が立ち上がると、他人と自分を常に比較しては、勝っていると喜び、劣っていると悲しみ、等しいと思うと安堵する。このように常に人間的思考の運動により世の人々は一喜一憂し執着するのであるから、修行者よ、これらを制して、中道を歩むのである。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です