スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ816の解説

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ816の解説

816 かつては独りで暮らしていたのに、のちに淫欲の交わりに耽る人は、車が道からはずれたようなものである。世の人々はかれを『卑しい』と呼び、また『凡夫』と呼ぶ。

 

 

 

かつては独りで暮らして人間的思考の運動(快⇔不快)を制する生活をしていたのに、のちに人間的思考の運動(快⇔不快)の赴くままに淫欲の交わりに耽る人は、車が道からはずれたようなものである。すなわち中道と言う道をを外れたのである。世の人々は両極端の反応に赴いたかれを『卑しい』と呼び、また『凡夫』と呼ぶ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です