スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  老い808の解説

スッタニパータ  老い808の解説

808 「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。

 

 

「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。この無常の世は、ただ、ただ、変滅あるのみである。生れ変化し滅する。この運動(生⇔死)を繰り返す。この運動は人間的思考の運動(生⇔死)より来る。この運動を繰り返す限り解脱することは不可能なのである。それを知って聖者は、この運動を止めて彼の岸へと到達し遂には安穏を観たのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です