スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  洞窟についての八つの詩句774の解説

スッタニパータ  洞窟についての八つの詩句774の解説

774 かれらは欲望を貪り、熱中し、溺(おぼ)れて、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正になずんでいるが、(死時には)苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。

 

 

 

かれらは人間的思考の運動(快⇔不快)のままに、欲望を貪り、熱中し、溺(おぼ)れて、それを得るために、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正になずんでいるが、死時には、全てを失い、苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。それは、運動をするので快を得たとしても必ず不快が目の前に現れるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です