スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  学生プンナカの質問1046の解説

スッタニパータ  学生プンナカの質問1046の解説

1045 プンナカさんがいった、「先生!およそこの世で仙人や常の人々や王族やバラモンが盛んに神々に犠牲を捧げましたが、祭祀(さいし)の途において怠らなかったかれらは、生と老衰をのり超えたのでしょうか?わが親愛なる友よ。あなたにおたずねします。それをわたしに説いてください。」

 

 

1046 師は答えた、「プンナカよ。かれらは希望し、称讃し、熱望して、献供する。利得を得ることに縁(よ)って欲望を達成しようと望んでいるのである。供犠(くぎ)に専念している者どもは、この世の生存を貪(むさぼ)って止(や)まない。かれらは生や老衰をのり超えていない、とわたしは説く。」

 

 

 

師は答えた、プンナカよ。かれらは、人間的思考の運動による欲望を、希望し、称讃し、熱望して、献供する。利得を得ることに縁(よ)って欲望を達成しようと望んでいるのである。供犠(くぎ)に専念している者どもは、この世の生存を貪(むさぼ)って止(や)まない。かれらは生や老衰をのり超えていない、とわたしは説く。生や老衰は、この無常の世に常に存在しており、無常であるので変化する世界である。生あるものは必ず死を迎え、若いものも時間とともに老いる。そのような運動(変化)をする世界である。この人間的思考の運動を止め彼の岸へ到達したものかれには生も死も老いも存在しない。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です