スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 909の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 909の解説

909 見る人は名称と形態とを見る。また見てはそれらを(常住または安楽であると)認め知るであろう。見たい人は、多かれ少なかれ、それらを(そのように)見たらよいだろう。真理に達した人々は、それ(を見ること)によって清浄になるとは説かないからである。

 

 

 

見る人は名称と形態とを見る。また見てはそれらを常住または安楽であると思い込むであろう。人間的思考の運動によって分別をし見たい人は、多かれ少なかれ、それらをそのように見たらよいだろう。真理に達した人々は、人間的思考の運動による分別をして見ることによって清浄になるとは説かないからである。人間的思考の運動によるものは、一時的に常住または安楽のように感じることがあっても、それは無常の世界において名称と形態とは、運動をするので常住ではなく、苦へと変化するからある。それを知って聖者は、名称と形態にもとづいた人間的思考の運動を制して中道を歩み遂には彼の岸へ到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です