スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 905の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 905の解説

905 もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説を堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。

 

 

 

もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説に執着をし堅(かた)く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。修行者も、最初は、人間的思考の運動(正⇔誤)により修行方法を選択し修行に入るのだが、そのままの人間的思考の運動でいたならば、その修行方法に執着をし、あるいは、師に執着をし、あるいは、周りの方法と比較し執着をする。そしてその想いによって煩悩の激流に飲み込まれていくのである。修行者は、ひとたび方法を知ったならば、その人間的思考の運動による想いから離れ、執着することなく世の中を遍歴し遂には彼の岸へと到達するのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です