スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 902の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 902の解説

902 ねがい求める者には欲念がある、また、はからいのあるときには、おののきがある。この世において死も生も在しない者、ーかれは何を怖(おそ)れよう、何を欲しよう。

 

 

 

人は、人間的思考の運動(快⇔不快)により快を求め願い求めるそれは、すなわち欲念である。そして人間的思考の運動による不快を恐れおののき、はからいをする。ねがい求める者には欲念がある、また、はからいのあるときには、おののきがある。この世において死も生も在しない者、すなわち人間的思考の運動を制したものーかれは、快⇔不快の運動をしないものーかれは、何を怖(おそ)れよう、何を欲しよう。修行者は、自らの人間的思考の運動を制する事によって、欲念と恐れから解放されるそして、遂には安穏を観るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です