スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇887の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇887の解説

887 偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依存して(他の説を)蔑視(べっし)し、(自己の学説の)断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。

 

 

人間的思考の運動による偏った見方や人間的思考の運動(正⇔誤)による伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これら自らが分別したものに依存して他の説を蔑視(べっし)し、自己の学説の人間的思考の運動にもとづいた断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。これらは、全て人間的思考の運動によるものであり振り子のように運動をする。そして、あるときは喜び、またあるときは苦しむ。聖者は、人間的思考の運動を止めるものであって、人間的思考の運動にもとづいた喜びを求めるものではない。それを知って修行者は、巧みに忍び寄る人間的思考の誘惑に対して常に気をつけ、自らを律して世の中を遍歴せよ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です