スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇883の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇883の解説

883 或る人々が「真理である、真実である」と言うところのその(見解)をば、他の人々が「虚偽(きょぎ)である、虚妄(きょもう)である」と言う。このようにかれらは異なった執見をいだいて論争する。何故に諸々の(道の人)は同一の事を語らないのであろうか?

 

 

 

或る人々が「真理である、真実である」と言うところのその見解をば、他の人々が「虚偽(きょぎ)である、虚妄(きょもう)である」と言う。このようにかれらは異なった執見をいだいて論争する。人間的思考の運動をしているおおよそ半分の人々は、見方が違うのである。そのような運動をしているからである。真理⇔虚偽の運動をしてお互いにぶつかり合う。人々はこの運動をしているが故に同一のことを語ることはない。それを知って聖者は、自らの人間的思考の運動に注視し常にその運動を止めることによって論争には及ばないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です