スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  老い809の解説

スッタニパータ  老い809の解説

809 わがものとして執着したものを貪り求める人々は、憂いと悲しみと慳(ものおし)みとを捨てることがない。それ故に諸々の聖者は、所有を捨てて行って安穏(あんのん)を見たのである。

 

 

 

わがものとして執着したものを貪り求める人々は、この無常の世で執着したものを失い、憂いと悲しみと慳(ものおし)みとを捨てることがない。人々は、対象が変化するごとに憂い、または悲しむのであるから、諸々の聖者は、人間的思考の運動を制して求めることなく、この世を観察し、この世は無常である事を知って、空の理を知り、遂には安穏を観たのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です