スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  老い808の解説

スッタニパータ  老い808の解説

808 「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。

 

 

「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。この世の人々は、名称と形態とを見る。みては、人間的思考の運動によって分別するのである。その分別したものは、人間であっても、この無常の世では、常住でない。執着した対象は、全て失われていくことを知って、自らの反応の仕方に注視し、中道を保って、安穏を観るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です