スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  最上についての八つの詩句797の解説

スッタニパータ  最上についての八つの詩句797の解説

797 かれ(=世間の思想家)は、見たこと・学んだこと・戒律や道徳・思索したことについて、自分の奉じていることのうちにのみすぐれた実りを見、そこで、それだけに執着して、それ以外の他のものをすべてつまらぬものであると見なす。

 

 

世間の思想家は、見たこと・学んだこと・戒律や道徳・思索したことについて、自らの人間的思考の運動にもとづいて分別し自分の奉じていることのうちにのみすぐれた実りを見、そこで、それだけに執着して、それ以外の他のものをすべてつまらぬものであると見なす。つまり人間的思考の運動のままなのである。それは運動をするので、その運動によって苦を生じるのである。分別にもとづいて執着をすることそれは苦である。聖者はそれを知って、自らの反応の仕方に注意し遂には安穏を観たのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です