スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  洞窟についての八つの詩句774の解説

スッタニパータ  洞窟についての八つの詩句774の解説

774 かれらは欲望を貪り、熱中し、溺(おぼ)れて、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正になずんでいるが、(死時には)苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。

 

 

かれらは人間的思考の運動による欲望を貪り、熱中し、自らが作り出した煩悩の荒波に溺(おぼ)れて、吝嗇(りんしょく)(物惜しみ、ケチ)で不正をしてでも手に入れようとするが、死時には、全てを手放す苦しみにおそわれて悲観する、ー「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか?」と。そしてかれらは、失った欲望を取り戻しにまた生まれてくるのである。そして汚泥に覆われ、激流に襲われ苦のスパイラルに迷妄する。人は知るべきである。無常の世において、永遠に手の内にあるものなどなにも存在しないことを。修行者は、この世は無常である事をよく自覚して空の悟りを知り人間的思考の運動を制してこの世の荒波を渡り終えよ。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です