スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 学生ナンダの質問1078の解説

スッタニパータ 学生ナンダの質問1078の解説

1077 ナンダさんがたずねた、「世間には諸々の聖者がいる、と世人は語る。それはどうしてですか?世人は知識をもっている人を聖者と呼ぶのですか?あるいは〔簡素な〕生活を送る人を聖者と呼ぶのですか?」

 

 

1078 (ブッダが答えた)、「ナンダよ。世のなかで、真理に達した人たちは、(哲学的)見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者だとは言わない。(煩悩の魔)軍を撃破して、苦悩なく、望むことなく行う人々、ーかれらこそ聖者である、とわたしは言う。」

 

 

ナンダよ。世のなかで、真理に達した人たちは、哲学的見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者だとは言わない。自らの人間的思考の運動を止めて煩悩の魔軍を撃破して、苦悩なく、呂極端を望むことなく行う人々、ーかれらこそ聖者である、とわたしは言う。この人間的思考の運動が止まっていない状態の人間は、哲学的見解によって正⇔誤の運動をするために苦を生じ、知識によって正⇔誤の運動をするために苦を生じる。いかにその道を究めようとも、人間的思考の運動をしている限り聖者とは呼ばないのである。全ての、人間的思考の運動を制して行うもの。かれこそは、自らを制して苦悩なく彼の岸へ渡り終わった聖者だという。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です